J-Debitナビ ~キャッシュカードでお支払い~

J-Debit

プライバシーポリシー

Q&A

J-Debit のことをわかりやすく、さらに詳しく解説!
J-Debit のことをもっと知りたい方は是非チェック!!
J-Debit(ジェイデビット)とは?

金融機関(※1)で発行された4.1億枚以上のキャッシュカードをそのまま使って、お買い物などのお支払いができる即時決済サービスの名称です。
お店のポスターなどでは、「デビットカード」、「Jデビット」などと表記されている場合がありますが、いずれもJ-Debitのことです。
キャッシュカードそのものなので申込み手続き(※2)や会費等は一切不要です。
J-Debitとは?」のページで概要を説明していますので、是非、ご覧ください。
(※1)銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫及び農協・漁協
(※2)一部の金融機関ではJ-Debit利用の事前申込みが必要な場合があります。

デビットカードとJ-Debit(ジェイデビット)は何か違うのですか?

デビットカード(debit card)とは、世界的な概念として、1取引毎に銀行口座から(原則即時に)引き落とされる決済サービスの総称名です。(後払い方式の「クレジットカード」と対比される造語です。)
キャッシュカードをそのまま使用するJ-Debitはデビットカードサービスのひとつですが、日本では、「デビットカード」と言えばJ-Debitの代名詞になっています。
従って、J-Debitはキャッシュカードそのものですので、「デビットカード」という新しいカードが発行される訳ではありません。

どんなお店(加盟店)で使えますか?

全国約45万ヶ所以上の百貨店・家電量販店など様々な業種の加盟店でJ-Debitがご利用できます。 詳しくは、「使えるお店を探す」(加盟店検索)にてご確認ください。地域別、業種別で検索が可能です。
また、「マンガで解説J-Debit」でも色々なご利用シーンをご紹介しています。

今持っているキャッシュカードはJ-Debitとして使えますか?

全国のほとんどの金融機関が発行する4.1億枚以上のキャッシュカードでJ-Debitが使えるので便利です。個人の普通預金(貯金)のキャッシュカードであれば基本的に使え、貯蓄預金の口座でも使える金融機関があります。
ほとんどのキャッシュカードは特に申請は必要なく、即ご利用できますが、一部の金融機関についてはJ-Debit利用の事前申請が必要な場合があります。
詳しい情報は、「使えるキャッシュカードを探す」(金融機関検索)にてご確認ください。もしくはキャッシュカードを発行した金融機関にお問い合わせください。

古いキャッシュカードでもJ-Debitは使えますか?

合併前の金融機関が発行した古いキャッシュカードをお持ちの場合でも、問題なくご利用できます。

誰でもJ-Debitを使えますか?年齢制限や審査はないのですか?

金融機関の普通預金口座などを開設しキャッシュカードをお持ちの方なら、どなたでもご利用いただけます。 J-Debitを利用するための年齢制限や審査はありません。

J-Debitを使った場合、いつ引落とされますか?

利用された時点で口座から代金が即時に引落とされます。ATMで引き出してから現金でお支払いする代わりに、現金を持ち歩くことなくスマートな感覚でご利用ができます。

口座に残高がなくても利用できますか?

ご利用できません。口座の残高の範囲内でご利用できます。ただし、総合口座のように定期預金と一緒になっている場合には、普通預金口座の残高が少なくても金融機関の条件に応じて定期預金額の一定範囲内でご利用できます。

J-Debitの使える時間はいつですか?

都市銀行・ゆうちょ銀行など主要な金融機関では平日はほぼ24時間365日利用でき、約2億枚以上のキャッシュカードがほぼ24時間に対応しています。 それ以外の金融機関においても、下記の時間帯は「コア時間帯」として必ずJ-Debitが利用できるようになっていますが、多くの金融機関では利用可能な時間帯を延長しご利用者への利便性を向上させています。
 * 平日 8:00~21:00
 * 土日祝 9:00~19:00(但し1/1~1/3と5/3~5/5は除きます)
お手持ちのキャッシュカードの利用可能時間帯については、「使えるキャッシュカードを探す」(金融機関検索)にてご確認ください。 ただし、年末年始・ゴールデンウィーク期間中など、利用可能時間帯が変更になる場合もありますので、 詳しくは個々の金融機関へご確認下さい。

18時以降に時間外手数料はかかりますか?

利用時間・曜日にかかわらずJ-Debitの手数料は一切必要ありません。ATMでの現金引出しの時間外手数料・休祝日手数料のようなご利用者負担はありませんのでお得です。

年会費などの費用は必要ですか?

J-Debitは金融機関の口座があればご利用できますので、入会金・年会費や手数料など一切必要ありません。

1回の利用金額に制限はありますか?

基本的に口座残高範囲内で利用可能ですが、 金融機関ではATMと同様に1日もしくは1回の利用限度額を設けています。 利用限度額の条件は、個々の金融機関によって異なりますので、 詳しくは、「使えるキャッシュカードを探す」(金融機関検索)にてご確認ください。もしくはキャッシュカードを発行した金融機関に直接お問い合わせください。 また、加盟店で利用金額に制限を設けている場合もございますので、 ご利用の際にご確認ください。

J-Debitを利用したとき、返品や取消はできますか?

当日に限りご利用された店舗での取消や返品は可能です。 ただし、ご利用翌日以降は口座への返金はできません。 この場合は、個々の加盟店で対応が異なりますので、 ご利用された加盟店へ直接お問合わせ下さい。

暗証番号を入力する際、他人にのぞかれる心配はありませんか?

J-Debitの加盟店ではセキュリティ面に配慮して端末を設置したり 暗証キーパッドに配慮をしています。 周りに囲いが付いた暗証キーパッドを使用したり、レジ横に暗証キーパッド専用の囲われたコーナーを別途設けたりして、セキュリティ確保への対応を図っています。 なお、利用者ご自身でも暗証番号入力の際は、暗証キーパッドを手元に引き寄せる等、 他者にのぞかれないようご注意下さい。

紛失、盗難に遭った場合には、どうしたらよいでしょうか?

キャッシュカード紛失時の対応と同じです。 速やかに、キャッシュカードを発行した金融機関にご連絡いただき、 カードを無効(利用停止)にする等の手続きを行ってください。 その後、金融機関の窓口で再発行手続き等を行ってください。 詳しくは、個々の金融機関にお問い合わせ下さい。

暗証番号を間違えたり忘れたりした場合には、どうしたらよいのでしょうか?

暗証番号入力を連続して間違えると、そのカードは使用不可となりますので注意が必要です。取扱不可となるまでの回数は金融機関によって異なります。 この場合には、ATM/CD機の場合と同様、 速やかにキャッシュカードを発行した金融機関にご連絡いただき無効(利用停止)の解除、 再発行等の手続きを行って下さい。 詳しくはキャッシュカードを発行した金融機関に直接お問い合わせください

J-Debitを使ったことの確認は何でできますか?

通帳に利用した加盟店名と金額がお取引の単位で記載されます。加盟店名の前に「JD 」が印字されます。
加盟店名については、実際の店舗名ではなく親会社名などが記載される場合があります。
ご利用されたお店から渡される「口座引落確認書」と併せてご確認ください。

利用履歴に関しての質問等は、どこへ問い合わせたら良いのでしょうか?

利用された加盟店やキャッシュカードの発行金融機関にご相談ください。
同一口座に対し家族で複数のキャッシュカードが発行されている場合、通帳にはJ-Debit取引の全利用履歴が記載されますので、身に覚えのない利用履歴についてはキャッシュカードをお持ちのご家族の方にまずはご確認ください。

海外でもJ-Debitは利用できますか?

現在、J-Debitは日本国内においてのみ利用可能なサービスです。 金融機関が発行した日本国内でのみ通用するキャッシュカードをJ-Debitは使用するため、海外でのご利用は出来ません。

現在、どのくらいの利用がありますか?

最近の取引実績はこちらをご覧ください。

J-Debitとは? | マンガで解説 J-Debit | 使えるお店を探す | 使えるキャッシュカードを探す | J-Debitキャンペーン倶楽部 | Q&A | プライバシーポリシー

Copyright 2007-2017 J.D.C.P.A All rights reserved.